積極的に活動する

説明婚活

結婚相談所に高い料金を払って入会したからといって、すぐに結婚相手が見つかると考えてはいけません。乾坤相談所はパーティーやイベント、お見合いなど、色々な出会いのチャンスを演出してくれますが、自分から積極的に行動しようという気がなければ成就しません。特に、結婚相談所は最初の3ヶ月間が大事だとされています。入会してすぐはニューフェイスとして他の会員からも注目度が高いため、お見合いのチャンスもたくさん巡ってきます。そのため、チャンスを逃さないように頑張る必要があります。ただ相手からのオファーを待っているだけでなく、結婚相談所に通って会員情報を閲覧して相性が良さそうな人を探したり、アドバイザーに相談したりすることが大事です。アドバイザーも人任せな人よりも、自分から出向いて相手探しをしている人の方が、親身になってアドバイスしてくれます。相手が見つかるか見つからないかは、自分の頑張りにかかっています。

一般的なお付き合いとは違う

男女

結婚相談所は入会費や月額費などの料金を払い、結婚相手を見つける場所です。スピーディーに相手を見つけることに特化した場所であるため、一般的なルールとは異なることもあります。まず、交際に関しては一般の世界では二股や三股は非難される行為ですが、結婚相談所では3人との交際を同時進行で行うのもありです。結婚相談所のお付き合いには期限があり、その期限までに結婚するかしないかの答えを出すのがルールです。交際期間は3ヶ月から半年が一般的ですが、3人の候補と一人ずつお付き合いするなら最低でも9ヶ月かかってしまいます。同時進行で数人の人とお付き合いし、自分ぴったりの結婚相手を選別するというシステムです。3ヶ月といっても頻繁に会えば、相手の人となりもわかるので、相手を見極めるのに十分な時間は確保されています。そして、交際するとお互いの連絡先を交換するのが一般的ですが、結婚相談所での交際期間中は直接的に連絡先を交換するのは禁止されています。合う約束もアドバイザーを通して取り付けるのがルールです。万が一結婚しないとなった場合でも、相手に連絡先を知られていないのであと腐れがなく、ストーカーされるなどのトラブルも回避できます。最も大切なことですが、結婚相談所は本当に結婚したい人だけが利用するものです。真剣に婚活している人が利用しているものなので、結婚相手ではなく恋人を探すためや既婚者が入会するのはルール違反となります。

広告募集中